中古トラックについての情報がいっぱい!

当サイトでは中古トラックに関する色々な情報を提供しています。
もし購入を考えている場合は、その前にまずは参考にしてみると良いでしょう。
ポールトレーラーやセミトレーラーといった定番の車種の特徴に加えて、タイプやサイズに関することにも触れているため、選択に困っている時の役に立てられるかもしれません。
また使用している上で注意しなければならない、よくある事故の情報もあるので、購入した後の参考にもなるでしょう。

中古トラックの種類:ポールトレーラーの特徴

中古トラックの種類:ポールトレーラーの特徴 ポールトレーラーは、長物を運ぶことに特化している車両で、建築に使用する鉄骨から鉄道の車両、レールに至るまで幅広いものを荷台に乗せることができます。
基本的には大型とけん引の2種類の免許が必要という、運転に技術がいるのが特徴です。
中古トラックとしても色々な種類が販売されていますが、ポールトレーラーは荷台部分とけん引するトラクター部分で分離することができます。
回送時にはトラクターのみでの運転も可能で、それと同じように中古トラック市場でもそれぞれが別で取り扱われることが多いです。
そのためもしすでにトラクターと荷台のどちらかが十分な数揃っているのであれば、もう一方のみを補充してコストを下げることもできます。

販売している中古トラックを買う時に必要な免許

販売している中古トラックを買う時に必要な免許 中古トラックが販売していて買う場合、自分が持っている免許や資格で運転が出来るかは重要で、例えばクレーン付きのトラックだとせっかく買ってもクレーンを操縦出来ないこともあります。
中古トラックでも、小型(2トンから3トン)までなら普通免許でも可能ですが、ドライバーなどをしているなら準中型や中型、大型まで持っておいた方が何かと便利です。
大型なども取得時期で運転が出来る車両範囲が違い、いつ取得したかも重要です。
大きな企画のトラックも運転可能ですが規格が大きくなると操作が難しくなり技術や運転経験が必要となってきます。
中型や大型トラックは車両が大きいので左折・右折・バック・車庫入れ操作が難しく、小型トラックの運転経験があると慣れやすいとされてます。
ただ、トラックには業種ごとに適切な規格もあって目的にあった資格を取得しないといけません。
また、普通免許で運転できる車両は車両総重量や最大積載量で異なり、車両総重量は積載可能な貨物を最大に積んだ状態で最大の乗車定員が乗った状態、最大積載量は積載できる貨物を最大に積んでいる状態です。
例えば平成19年6月2日から平成29年3月11日までに取得した人は、車両積載量は5トン未満で最大積載量は3トン未満と定められてます。

中古トラックについてもっと調べる

中古トラック販売業者を見つける